考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

関電の原発マネー「不正環流」を大阪地検に告発へ

2019年11月18日12:38PM

関西電力幹部の金品受け取りリスト。関西電力報告書(2018年9月11日)より作成。

関西電力の役員幹部ら20人が、高浜原発が位置する福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から巨額の金品を受け取っていた問題で10月24日、弁護士や市民団体のメンバーが告発人募集説明会・キックオフ集会を大阪市北区で開き、「関電の原発マネー不正還流を告発する会」を結成。11月25日まで一般市民から告発人を募り、年内にも20人を特別背任容疑や収賄容疑で大阪地検に告発することを決めた。

同会は「八木誠前会長ら20人が森山氏や同町の吉田開発から受けていた金品は、関電が発注した原発関連工事の金の還流。工事費を不当に吊り上げて契約し関電に損害を与えた」。さらに「金品の見返りに吉田開発に便宜を図るように、森山氏から不正な請託を受けた」とし、「その原資は電気料金を払っている関西の市民」とする。

被告発者は八木誠会長、岩根茂樹社長ら実名12人(表参照=肩書は2018年9月11日現在)と氏名不詳の8人。岩根社長は10月2日の会見で「実名発表は執行役員以上」とした(他に「金品受渡し」なしとされた幹部が6人)。罪名は特別背任罪(会社法960条)もしくは贈収賄罪(会社法967条)。関西電力は民間会社なので公務員の贈収賄にはならず、会社法上の罪名になる。告発事実は以下の通り(公表された告発文案より一部修正)。

〈被告発人らは別表の通りの金品を高浜町の森山栄治元助役から受け取った。森山氏は関電の原発関連工事を請け負う吉田開発(同町)から受けた金を原資にしていたことが金沢国税局の税務調査で明らかになっている。被告発人、大塚茂樹氏は森山氏を介さず、直接吉田開発から金品を受け、豊松秀己、鈴木聡両氏は別の業者からも受けた。

吉田開発は2014年9月1日から2017年末までの間、関電から直接22件の工事を請け負い、10件は入札をしない「特命発注」で優先された。22件中16件は事前に森山氏に工事物量や、概算額の情報が行なわれた。被告発人らが、森山氏からの金品授受の際に、吉田開発に便宜を図るよう不正な請託を受けていた疑いがある〉

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ