考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

製薬業界が根治薬求め開発競争 
認知症克服への遠い道のり

吉田啓志|2019年10月29日2:17PM

エーザイ株式会社公式サイトより

認知症の6割程度を占めるアルツハイマー型認知症(AD)。根治薬の開発に成功すれば莫大な利益を得られるとあって、世界中の製薬会社がしのぎを削ってきた。だがハードルは高く、治験は失敗続きだ。「国民病」「人類最後の敵」とも言われるADも昨今は薬の開発中止が相次ぎ、製薬業界内には諦めムードも流れる。

9月13日、国内製薬大手、エーザイ(本社・東京)は、米企業と共同開発中だったAD治療薬候補「エレンベセスタット」の開発中止を発表した。治験は1~3相の三段階で行なわれる。同候補薬はすでに製品化前の最終段階、3相へと進んでいた。それが土壇場に来て有効性や安全性を審査する第三者委員会に「最終的に利益がリスクを上回ることはない」と勧告され、中止に追い込まれた。

「やっぱりね」。エーザイの強い危機感とは裏腹に、関係業界にはそんな空気が流れた。今年3月、同社は「根治薬の第1号になる」との期待を集めていた認知症薬候補「アデュカヌマブ」の開発を中止している。当時、同社の株価はストップ水準安となる前日比17%安、7565円まで急落。6月の株主総会時、内藤晴夫CEO(最高経営責任者)は1600人超の株主を前に深々と頭を下げざるを得なかったが、今回は織り込み済みなのか、株価にも大きな変動はなかった。

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ