考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

天声人語氏曰く

小室等|2019年8月16日7:00AM

 「ごあいさつ」
         谷川俊太郎
 どうもどうも
 やあどうも
 いつぞや
 いろいろ
 このたびはまた
 まあまあひとつ
 まあひとつ
 そんなわけで
 なにぶんよろしく
 なにのほうは
 いずれなにして
 そのせつゆっくり
 いやどうも

谷川さんの「ごあいさつ」は、フォークシンガーの高田渡が歌にしたことで、少なくとも僕たちフォークの連中にとっては有名。

七月二日、『朝日新聞』天声人語は、トランプ&金正恩の板門店会談を、「ごあいさつ」を引き合いにし、揶揄していた。「ごあいさつ」は一九六二年から『週刊朝日』誌上に掲載された「落首九十九」シリーズの一つ。落首とは、風刺・嘲笑・批判の意をこめた匿名の歌で、谷川さんが落首をコンセプトに書き綴ったシリーズの一つが「ごあいさつ」だ。

五五年も前の風刺が、天声人語氏引き合いのとおり、五五年後の板門店会談にぴったりはまってしまう。

天声人語氏の「ごあいさつ」引き合い、慧眼。

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

追悼 石牟礼道子

毒死列島 身悶えしつつ

石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美

発売日:2018/07/02

定価:1000円+税

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ