考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

『ヴィータ 遺棄された者たちの生』他 書評と本箱 2019年6月7日(1235)号

2019年6月11日4:10PM

書評と本箱 2019年6月7日(1235)号
(画像をクリックするとアマゾンの詳細ページにジャンプします。)

【書評】“生産性がない”人間を遺棄 ブラジル社会が映し出す日本(松村 洋)
『ヴィータ 遺棄された者たちの生』
ジョアオ・ビール=著 トルベン・エスケロゥ=写真 桑島薫、水野友美子=訳
5000円+税

【書評】絵本のセミが問う 世界の悲しみ(長瀬 海)
『セミ』
ショーン・タン=著 岸本佐知子=訳
1800円+税

【書評】「血の継承」が苦しめる 天皇家の女性の系譜(石川 逸子)
『天皇家の女たち 古代から現代まで』
鈴木裕子=著
3500円+税

【本箱】本田 政昭(編集部)/選
『21世紀、大転換期の国際社会 いま何が起こっているのか?』
羽場久美子=編著
2400円+税

『すいません、ほぼ日の経営。』
川島蓉子、糸井重里=著
1500円+税

『父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない』
橋本治=著
810円+税

『街場の平成論』
内田樹=編著
1600円+税

『いつか、太陽の船』
村中李衣=著 こしだミカ、根室の子ども達=絵
1500円+税

『神保町』
得地直美=著
1700円+税

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

追悼 石牟礼道子

毒死列島 身悶えしつつ

石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美

発売日:2018/07/02

定価:1000円+税

書影

【電子書籍】実名告発 創価学会

野口祐介 滝川清志 小平秀一

発売日:2018/12/30

定価:1250円(税込み)

上へ