考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

NHKまで踊らされた
熊本地震「地盤リスク」説

明石昇二郎|2019年5月1日4:05PM

NHKはうやむやにするつもりなのか

NHKスペシャル「大地震 あなたの家はどうなる?」の紹介ページ。(NHK公式サイト)

そして今年3月15日、阪大が記者会見を開き、調査結果を公表した。調査委員会の設置から1年以上が経過していた。

阪大では、秦氏による熊本地震「本震」観測データが捏造だったと認定していた。本震の揺れを観測したとする生データが保存されておらず、地震計を固定するアンカーが使われた形跡もない、とのことだった。阪大では、米国の地震学会誌に掲載された論文についても、出版社や共著者に対して取り下げるよう検討を求めたとしていた。

驚かされたのは、「調査開始時点において元准教授(秦氏)は故人となっていた」(「調査結果概要」より。カッコ内は筆者の補足)という事実である。

秦氏は、捏造疑惑が浮上した直後の17年12月28日付で阪大を退職していた。阪大に調査委員会が設置され、調査を開始したのが翌18年の2月17日である。つまり、退職してから2カ月足らずの間に亡くなっていたというのだ。よくぞここまで隠し通したものである。阪大はこの日、秦氏の死因や時期を明らかにしなかったが、自死であることが強く疑われた。

さらに驚かされたのは、NHKのコメントである。阪大記者会見当日のニュースで、NHKは次のように述べていた。
「問題のデータ以外にも複数の専門家の研究や現地での調査をもとに取材、制作しており、番組やニュースでお伝えした結論に変わりはないと考えています」

うやむやにするつもりのようだ。ならば、NHKオンデマンドでの配信を取りやめているNスペの配信を、復活させてみるがいい。それほど「結論」に自信があるのなら、再放送も検討してみてはいかがだろう。同日のNHKニュースによれば、“活断層は大した問題ではない”勢力の本丸である国交省も、阪大が「捏造」と認定しようが同省の熊本地震分析結果に「影響はない」と拘泥し、NHKと足並みを揃えているのだという。

本来であれば、捏造論文を根拠としていたNスペ放送を撤回し、論文のどこが問題だったのかを検証しつつ、改めて熊本地震の被害を調べ直した訂正番組を放送するのが、報道機関としての筋の通し方だと思われる。検討を求めたい。

(あかし しょうじろう・ルポライター。2019年3月29日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ