考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

沖縄知事選、玉城デニー氏擁立の背景に幅広い民意

渡瀬夏彦|2018年9月12日6:09PM

辺野古への新基地建設に反対する玉城デニー氏はなぜ、沖縄県知事選への立候補を決意したのか。新聞やテレビは翁長雄志知事の「遺言」を取り上げる。もちろん「遺言」は重要だが、それ以前から県民の幅広い期待があったのだ。玉城氏擁立の渦中にいたライターが、経緯を詳細に報告する。

8月29日、県知事選への出馬を表明する玉城デニー氏(前列右)。隣の席は、8月11日の県民大会で翁長雄志知事がかぶる予定だった辺野古の海を表す青い帽子が置かれた。「遺志」は生きている。

来る県知事選の候補者選考会議(「平和・誇りある豊かさを!ひやみかち うまんちゅの会」調整会議)に玉城デニー衆議院議員の名がなかなか出てこなかった。

翁長雄志知事の急逝を受けて、多くの県民が少なからずショックを覚え、悲しみに暮れた。翁長氏は民意を背負って戦う使命感に満ち、稀有な存在感を示した政治家であった。そのため、あまりにも彼に頼りすぎる傾向が、県民の間に、ひいては県議会与党議員たちの間にも広がってしまっていた。

わたしは当初から、この選挙は安倍官邸が全力でバックアップする極右団体「日本会議」メンバーの佐喜眞淳氏(前宜野湾市長。辞表提出は8月14日)が遥か先行しており、いわゆる「オール沖縄」側が相当に苦戦を強いられる選挙と睨んでいた。

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ