週刊金曜日公式ブログ 週刊金曜日ニュース

エンケンのメール(小室等)

フランス・ボルドーの町のレストランでロゼワインを飲みながら生牡蠣(なまがき)を食べているときに同行の仲間が、「遠藤賢司さんが亡くなったそうです。さっきネットのニュースで」と。

一〇月二五日、ナントでサックス坂田明、ピアノ黒田京子、パーカッション高良久美子諸氏とライブ。翌日、先に帰国の坂田さんたちを見送り、音楽関係とは無縁の仲間たちとボルドーへ移動。気持ちはノーガードだった。同行の妻は娘からの電話で知っていたが、本番が終わるまで伏せておいてくれた由。込み上げてくる感情を抑えつけ、生牡蠣をワインで喉に流し込みながら賢司を追悼した。

今年、賢司にもらったメール。

《「想い出づくり。」、日本映画チャンネルでみてますよ。やはり、名曲ですね。ザンフィルとは演奏集団ですか? 「だれかが風の中で」、また、一緒に、演りましょう!》

「想い出づくり。」は、山田太一脚本のテレビドラマで僕が作ったテーマ曲のこと。ザンフィルはルーマニアのパン・フルート奏者で、ドラマの音楽の演奏をしている。「だれかが風の中で」は、これも僕が作曲した、テレビドラマ「木枯し紋次郎」のテーマソング。賢司のハーモニカと何度か一緒にやったことがあった。

紹介したいのは、このメールの最後、誰宛であれつけている長いメッセージ。賢ちゃん、公表させてもらうね。

(・. )/?ヽ(.・)/(・. )/?ヽ(.・)/
石原森友の為のオリンピック!やめて好い!
セメテ築地市場だけは復活セヨ!
(・. )/今すぐ原発全廃¥(、。・)/
(・. )/廃案 安保関連法案 辺野古基地案ヽ(.・)/¥(、。・)/日本列島南海トラフ巨ナマズ鎮撫(~^・^~)オスプレイ五月蠅い¥(、。・)/
ヽ(.・)/当然軍事基地は日本各県持ち回り
¥(.・)/自衛隊は何処から見ても軍隊だ。なら専守防衛限定の文民統制軍隊として、今こそ微細則極めるべし。でなけりゃ非常時の生き死に焦った銃口は、必ずや国民に向く\(゚ !゚ )/侵略戦争反対¥(.・)/
↑共謀罪も同じく何年も何年も微細則突き詰めてからだ!(.・)/
¥(・. )/個々人の歌は自由民権の礎なり¥(.・)/
簡略化された象形文字=漢字と、それを仲立ちする、平仮名と片仮名で、歌いカツ引っ?き叩く、言音一致の純音楽家 エンケンでした。視読感謝(≡^吉日^≡)

われら肝に銘ずべき。エンケン、君が残してくれた辞世のメッセージソングだよ。

(こむろ ひとし・シンガーソングライター、11月10日号)

※編注 〈歌いカツ引っ?き叩く〉の〈?〉は遠藤賢司さんのメールでもそうなっています。文字化けだとは思いますが、原文の通りとさせていただきます。