週刊金曜日公式ブログ 週刊金曜日ニュース

教育勅語を水平社宣言で読み破れ(佐高信)

問題の森友学園理事長の籠池泰典が、
「教育勅語のどこが悪い?」
と叫ぶのを見ながら、私は『橋のない川』(新潮文庫)の作者、住井すゑの次の提言を思い出していた。

「教科書に一つの方法として『教育勅語』と『水平社宣言』を並べて印刷し、表紙をめくったら『教育勅語』がある。その次には『水平社宣言』があるというような教科書をつくったらいいんじゃないか。どっちが人間的であるか、どっちが人間的真実を訴えているか、どっちがより人間的哲学を生かしているか、一目でわかると思うんですね。『教育勅語』をむざむざと葬ってしまって、今の子どもが知らないというのも、ある意味ではマイナスですね。明治、大正、昭和の敗戦まで、このような教育の名のもとに調教をやってきたんだということをくり返しくり返しみんなで反省する必要があるんじゃないかと思いますね」

「朕惟フニ我カ皇祖皇宗」の教育勅語と、「全国に散在する吾が特殊部落民よ団結せよ」で始まり、「人の世に熱あれ、人間に光あれ」と結ばれる水平社宣言を並べて教えよという住井の主張を生かさなかったから、いま復讐されているとも言える。

いいものだけを教えてきた弱さ、いいものを悪いものとの比較に於て教えなかったもろさが、いま、出てきた。

「昼の光に夜の闇の深さがわかるものか」と言い放ったのはニーチェだが、闇との対比に於てこそ、光は意味をもつのである。そのことを住井はよくわかっていた。

住井すゑにお礼を言った児玉誉士夫

住井と永六輔の『人間宣言』(光文社)に「いい話」がたくさん出てくる。

亡夫の犬田卯の遺骨を持っていらっしゃるそうですね、と永が問いかけると、
「これね、遺骨にしてそれを地下へ埋めるということは忍びないですよ、できないですよ。だから書斎の簞笥のいちばんいい場所にあります。もう何十年もたちますけれども。ときどきは骨をかきまわしてやってます」
と住井は笑い、
「ぬかみそじゃないんだから」
と永がまぜっ返すと、
「好きな男の骨なんだもの、ときどきさわって話しかけるっていう意味よ」
と住井は答えている。

『橋のない川』のモデルは水平社宣言の起草者、西光万吉だといわれる。西光はその後、転向したが、住井との深い信頼関係は崩れなかった。

住井が西光の家を訪ねると、西光の妻は仏間に並べて二人の布団を敷き、住井と西光は遅くまで語り合ったという。

あれほどはっきりと天皇制廃止を主張しながら、住井のところには不思議に右翼が糾弾に来なかった。それについて住井は、
「私は来るのを待っているんですがね。もし来てくれれば帰りには左翼にして帰しますから」
と笑っていた。

永との『人間宣言』によれば、『橋のない川』の第四部を発表した段階で、右翼の親玉の児玉誉士夫が、
「いい小説を書いてくれてありがとうございました」
と言ってきたとか。

そして、それから住井が上京するたびに、外車で迎えに来て、乗ってくれ、という。右翼の世話になる気はないからと断ってタクシーに乗ると、護衛のつもりか、その車がついてくる。

そういうくらいだから、住井によれば右翼は、
「土産は持ってくるけど、文句はいってこない」

多分、住井の迫力に気押されたのだろう。

そんな住井を偲びつつ、娘の増田れい子は棺に住井の大好きだったキャラメルを入れたという。

(さたか まこと・『週刊金曜日』編集委員、3月17日号)

最高裁で異例の逆転無罪判決 広島の元人気アナが語ったこと

判決後改憲する煙石博さん(左)。右は支援団体の佐伯穣会長。東京・霞が関。(撮影/片岡健)

「静かな余生の、普通の生活に早く戻れればと思います」

3月10日、東京・霞が関の司法記者クラブ。煙石博さん(70歳)は万感の思いを込めてそう言った。

広島・中国放送の人気アナウンサーだった煙石さんは定年退職後の2012年10月、突如自宅にやってきた広島南署の刑事2人に逮捕された。容疑は銀行で女性客が記帳台に置き忘れた封筒の現金6万6600円を盗んだ疑い。無実を訴えたが、一審・広島地裁で懲役1年・執行猶予3年、二審・広島高裁で控訴棄却の判決を受けていた。

しかしこの日、最高裁第2小法廷の鬼丸かおる裁判長は一、二審判決に「重大な事実誤認がある」と認め、煙石さんに無罪を宣告。最高裁で逆転無罪が出たのは直近5年でわずか4件。異例の無罪判決はテレビや新聞で大きく報道され、煙石さんは逮捕から約4年半を経て、名誉回復が果たされた。

ただ、地元広島では、この事件は一審段階から冤罪を疑う声が根強かった。最高裁は無罪の根拠として、「防犯カメラの映像では、被告人が封筒を持ち歩く場面、内容物を抜き取る場面は確認できない」と認め、「封筒を窃取した者がいるとしても、現金を抜き取り、封筒だけを記帳台に戻すとは考えにくい」と封筒に元々現金が入っていなかった疑いを指摘したが、これらもすべて弁護側が一審段階から主張していた。

それだけに煙石さんは無罪を喜びつつ、「『おめでとう』とは思えない。元々お金を盗っていないのに、突然とんでもない火の粉を浴びて苦しめられ、人生を失ったのですから」とも語った。逮捕後はフリーで続けていたアナウンサーの仕事もなくなったという。

「私のように無実なのに濡れ衣を着せられて苦しむ方が出ないように強く願っています」と力を込めた煙石さん。それは裁判中、熱心な支援活動を繰り広げた友人、知人らの願いでもあるという。

(片岡健・ルポライター、3月17日号)

国際女性デー、ウィメンズ・マーチ東京で「女が生きるのマジでつらい」

「女性の力を信じてる」「セクハラNO」「親子断絶防止法反対」など思い思いのバナー掲げて歩く参加者。男性の姿もちらほら。(撮影/宮本有紀)

国際女性デーの3月8日、「連帯」を表す赤い服や帽子などを身に着けた女性たちが歩きながら声をあげる「ウィメンズ・マーチ東京」に約300人が参加。東京・表参道と渋谷に「女が生きるのマジでつらい」「我慢するのはもう限界」などのコールが響いた。

トランプ米大統領の女性蔑視発言に反発し就任翌日に米各地でデモ「ウィメンズ・マーチ」を実現した団体が国際女性デーのアクションを世界に呼びかけ、日本では複数の女性団体有志による実行委員会が企画した。この日、マーチの前には参議院議員会館内で性暴力、セクシュアルハラスメント、賃金・待遇差別、同性愛差別、AV強要などの問題に取り組む人びとが問題提起。「女性たちは十分声を上げてきた。聞かない、聞こうとしない、察知しない側の問題ではないか」と議員に投げかけた。池内さおり議員(共産)が「察知する力を磨きたい。私自身も男尊女卑の風土の中で育ちジェンダーという言葉に救われた。女性たちが自分の人生を切り開いていけるよう力を尽くす」、初鹿明博議員(民進)は「声を聞かない方の問題というのはその通り。議員は票になるところの声を聞きがちだがそうでない議員もいる。そういう議員を増やしたい」と応じた。

マーチに続き、女性の生きにくさを共有し各自の「もやもや」を訴える集会を都内で開催。「女性活躍って産めよ殖やせよ働けよ、か? 冗談じゃない」「北海道大学が痴漢対策で図書館に女性専用席をつくって批判されたが、痴漢とは図書館に行けなくなるくらいの精神的被害を受ける大問題だ」など発言のたびに会場は共感の拍手に包まれた。ほとんどが女性の中、参加した28歳の男性は「マーチで沿道の若い人たちが耳を傾けていた。社会のせいで悩んでいる人が多いことをつきつけられた」との感想。33歳の男性は「ジェンダー問わず個を発揮できる社会にしたい」と話した。

(宮本有紀・編集部、3月17日号)