週刊金曜日公式ブログ 週刊金曜日ニュース

ブラック企業大賞受賞の電通、書類送検へ

ブラック企業大賞を受賞した電通には賞状とトロフィーが贈られた。(写真/斉藤円華)

ブラック企業大賞を受賞した電通には賞状とトロフィーが贈られた。(写真/斉藤円華)

ブラック企業大賞2016(同実行委員会主催)の授賞式が昨年12月23日に都内で開かれ、大賞に広告代理店最大手の電通が選ばれた。授賞式に受賞各社の姿はなかった。

同社は2015年12月、入社わずか1年目の高橋まつりさんが過労自殺。ところが同社は1991年にも入社2年目の男性社員が過労自殺し、さらに13年6月には30代男性社員が過労死を遂げている。しかし「鬼十則」に代表的な社内風土、過酷で人権侵害的な労働環境を放置し続けたことが授賞理由とされた。

日本郵便は正規職員と非正規職員との著しい待遇格差に加え、職場に年賀はがきの自爆営業やパワハラなどが蔓延しているとして特別賞を受賞。同社は2位にダブルスコアを付ける5967票を獲得し、ウェブ投票賞も受賞した。

続くシンポジウムでジャーナリストの水島宏明氏は、「電通事件のテレビ報道ではNHKを除いて怯んでいるのでは」「ブラック企業が民放のスポンサーだったり、メディアも電通と似た労働環境だったりする」と指摘した。

電通の同大賞受賞はニュースサイトに加えて大手メディアではNHK、『産経新聞』も報道。12月28日になり東京労働局は電通と幹部社員を労基法違反で書類送検し、これらを受けて石井直社長は引責辞任する意向を表明した。

(斉藤円華・ジャーナリスト、1月13日号)