考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

“異性装”からみえる社会の不自由さ

2015年5月22日10:23AM

安冨歩さん(右)とヴィヴィアン佐藤さん(4月20日、東京・渋谷にて)。(写真/小林和子)

安冨歩さん(右)とヴィヴィアン佐藤さん(4月20日、東京・渋谷にて)。(写真/小林和子)

「エリート」「金持ち」「美人」……人間をはめ込む枠は社会に多数あるけれど、「最もわかりやすく、最も強烈なのは〈男〉〈女〉」(安冨歩東京大学教授)。その区分けを超えたトランスジェンダーの等身大の生と愛を描く『私はロランス』(ドラン監督、2012年)の上映会が4月20日、東京・渋谷のアップリンクで開かれた。上映後、男装をやめた安冨教授と女装家のヴィヴィアン佐藤さんによるトークがあった。

大きなウィッグをつけ、女装歴が長いヴィヴィアンさん。以前行ったディズニーランドでは職員にウィッグを外し、化粧を落とすことを強要されたという。しかもミッキーマウスは記念撮影を拒否。「すかしたネズミね」とヴィヴィアンさんは会場でバッサリ。

一方の安冨教授。街では好奇の視線に晒されることも多いが、職場(東大東洋文化研究所)ではまったく差別を受けることはなく、映画の主人公のような孤独を感じることもないという。最近は「美人」と言われることもあるそうだが、「背が高い」「脂肪が少ない」「彫りが深い」など、男性の特徴が強く出ている女性が「美人」と区分されると分析。結果、大半の女性がブスに区分され、「自分はブス」と思い込まされることが「(男性の)支配の手段として使われている」と指摘。近々論文にしたいと語った。

(小林和子・編集部、5月1日号)

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ