考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

橋下大阪市長の入れ墨調査――大阪地裁で二度目の違法判決

2015年3月18日7:49PM

大阪地方裁判所の中垣内建治裁判長は2月16日、大阪市が市職員に対して実施した入れ墨調査のアンケートは、市の個人情報保護条例に違反するとして、アンケートを拒否し戒告処分に処せられた市立十三市民病院の看護師、森厚子さん(58歳)への処分取り消しを命じ、市の違法性を認めた。入れ墨調査を巡る訴訟では、昨年12月の市交通局の男性に続く二度目の違法判決となる。原告の森さんは裁判所の玄関前で「今度も勝訴」と書かれた幕を掲げた。

「これは私だけの勝利ではありません。私を含めアンケートを拒否した6人、職場でものも言えず押さえつけられているすべての職員、そして橋下市政にノーと言う市民全体の勝利だと思っています」

森さんは、2年を超す闘いを経て、同じ気持ちで闘っているのは自分一人ではないと実感したという。入れ墨調査のアンケートへ回答を拒否した職員6人は、それぞれが加盟する労組や支援団体が違うため別々に闘っていたが、この2年で6人の共闘が進んだことは森さんの励みになった。さらに心強かったのは、他県から職場宛てに届いた励ましの手紙であったという。森さんはこう続ける。

「手紙には、私へのエールの他に、どうして大阪市民は皆、橋下市長が好きなのかと書いてあるのです。そんなことはない。だから私一人でも闘って、その闘う姿を見せることは大切だと思いました」

本件について大阪市は控訴の構えであり、森さんは「長い闘いを覚悟している」と語る。控訴審はもちろんのこと、職場での不利益扱いも予想される。現に人事考課では、突然の最低評価を受けた。アンケートへの回答拒否が反映されたのだ。職員を“報復人事”で縛る息苦しい体制で結局困るのは、サービスを受ける市民である。橋下市長は連敗を重く受け止め、市長の座から退くべきであろう。

(真野きみえ・ライター、3月6日号)

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ