考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

住民の反対無視する江ノ電の「安全理論」――津波避難路を強行工事で閉鎖

2014年4月23日5:28PM

強行工事で閉鎖された江ノ電稲村ヶ崎駅付近の線路横断路。(撮影/きゆなはれる)

強行工事で閉鎖された江ノ電稲村ヶ崎駅付近の線路横断路。(撮影/きゆなはれる)

桜満開の3月31日。神奈川県を走る江ノ島電鉄(江ノ電)によって、住民の
生活道路であり、「稲村ケ崎津波避難路」でもある稲村ヶ崎駅(鎌倉市)付近
の線路横断路が、強行工事で閉じられた。

ことの始まりは2月21日。「線路横断箇所」の入り口に突然、「通路閉鎖工
事」を知らせる一枚のお知らせが貼られた。住民が60年にわたって使ってきた
道路だ。

江ノ電は成り立ちが路面電車だったため、線路をまたがないと家に入れない
住民も多くいる。単線で、12分に一本。電車が通ったあとは安全に、人も猫も
渡れる。100年続いた鎌倉の特殊事情だ。

その歴史をかなぐり捨てて、「安全対策」という名目でフェンスを張り巡ら
し「自社の土地だから工事する」というのだ。住民への説明会では「安全理
論」を振りかざし、住民の声は「問答無用」。「工事に入ります」の一点張り
だった。

海側住民からの「1秒が生死を分ける津波時に、山に逃げる一番の近道を、
フェンスで閉ざさないで」との声にも、「住民の非常時の安全より(江ノ電
の)日々の安全」と言って無視した。日常生活が一変する重大事項であること
から、江ノ電の強行工事中止を求める署名は、3週間で300筆を超えた。しか
し、工事は強行された。

長嶋竜弘鎌倉市議会議員は、「私は安全対策工事をすることは否定しません
が、なぜ住民を無視して工事をするのか疑問です。トラブルになる話ではない
のに、江ノ電さん一体どうしたのでしょうか?  今後同様に住民無視で強引
に工事をやれば必ずトラブルになります。そうならないようにするためにも、
今回の件については強く是正を求めます」とブログに綴った。

「地元住民に支えられ100年続いた江ノ電が、今住民を切り捨てた。今後、住
民無視で100年続くのか」と、住民女性は憤る。

今後、まだ164カ所の道路閉鎖が予定されているという。

(きゆなはれる・避難路を守る会、4月11日号)

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

追悼 石牟礼道子

毒死列島 身悶えしつつ

石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美

発売日:2018/07/02

定価:1000円+税

書影

【電子書籍】実名告発 創価学会

野口祐介 滝川清志 小平秀一

発売日:2018/12/30

定価:1250円(税込み)

上へ