考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

マレーシアでHIV患者らがTPP反対デモ

2013年7月24日4:32PM

マレーシア・クアラルンプールで開催された国際エイズ学会(IAS)の「HIV(エイズウイルス)基礎研究・治療・予防会議」で7月1日、HIV感染者や乳がん患者ら数十人が「TPP(環太平洋戦略経済連携協定)やFTA(自由貿易協定)に絶対反対」と抗議の声を上げるデモがあった。「TPP等により薬剤など治療費が大幅に上がるのは確実」「私たちの命を貿易の道具にしないで」と世界各地から集まった5000人のHIV感染者や医師、研究者、政府・国連関係者に呼びかけ、学会参加者から賛同する拍手が湧き上がった。

 反TPPデモにはアジア太平洋HIV感染者ネットワークのエイズ患者を中心に乳がん患者らも加わった。エイズなど多くの疾病治療薬は、多国籍製薬企業の高価な先発薬の代わりに、安価なジェネリック薬が流通している。しかし、米国主導のTPPや、米国に対抗する欧州などによるFTAにより「知的所有権」が強化されれば、ジェネリック薬などが手に入らなくなり生命の危機に直結する、との懸念が急速に拡がっている。IASのフランソワーズ・バレシヌシ理事長らは、デモをした活動家らの主張を支持すると表明した。

 同国では7月15から25日にボルネオ島のコタキナバルでTPP拡大交渉会合が行なわれる。日本は23日午後から3日間、初めて参加する予定だ。

(杉山正隆・ジャーナリスト、7月12日号)

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

追悼 石牟礼道子

毒死列島 身悶えしつつ

石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美

発売日:2018/07/02

定価:1000円+税

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ