考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

今週の憲法審査会――大震災に便乗し緊急事態条項改憲論

2013年6月27日1:39PM

五月二二日午後、参議院憲法審査会が一カ月半ぶりに今国会で三回目の審査会を開き、ひきつづき「二院制」について議論。参議院では自公も含め八党が二院制の堅持を主張し、みんなの党、日本維新の会が「決められない国会」などと二院制を批判、一院制への改憲を主張した。次週は「新しい人権」の議論をするなど、今国会であと数回開催するという。

 衆議院憲法審査会は五月二三日午前、「緊急事態と憲法をめぐる諸問題」「裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会等」について議論した。

 前回、「前文」の討議で「諸外国の例」などの調査を衆院法制局に要求した土屋正忠委員(自民)が、法制局の報告時になっても出席しておらず批判が噴出。相変わらず自民の委員席は空席が目立つ。

 現行憲法にない緊急事態条項の審議というテーマ設定自体が、「憲法のレビュー」をするとして審査会の審議を始めた申し合わせと異なるとして、共産党の笠井亮委員が厳しく抗議。笠井委員が指摘するように、議論は憲法のレビューではなくて、各党の改憲案の開陳の場になりがちだった。「基本的人権の抑圧につながるおそれ」などを指摘しながら反対した共産、「党内に両論」とあいまいにした公明を除く自民、民主、維新の会などが東日本大震災を引き合いに、憲法に緊急事態条項の創設(改憲)を主張した。

(高田健・許すな!憲法改悪・市民連絡会、5月31日号)

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ