考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

プレカリアートユニオン結成――非正規雇用の“砦”に

2012年5月25日12:36PM

 非正規雇用、若年正社員が職場で仲間を増やし、労働条件の向上に取り組むことを目指して「プレカリアートユニオン」(大平正巳委員長)が結成された。

 この数年、フリーターや水商売でも入れる労働組合があることは一定知られるようになったが、若者のユニオンは個別の労使紛争に対処する「駆け込み寺」に止まり、集団的労使関係を築いて労働条件を向上させるには至らないという限界があった。

 この状況を脱却すべく結成されたのがプレカリアートユニオンだ。雇用が不安定な有期雇用・非正規雇用も、職場のつながりが希薄な若年正社員も、在職で労働条件向上に取り組もうと、フリーター全般労働組合の役員経験者たちが中心となって設立された。

 四月九日の設立大会で、「非正規雇用、若年正社員の駆け込み寺から砦へ」「誰でも三〇歳で最低年収二四〇万円を実現しよう」などのスローガンを掲げて、ワーキング・プアからの脱却、希望すれば一人につき一人は子どもを育てられる収入の確保、生活支援の充実、雇用不安を背景とした全体主義に流されないための情報・時間・空間・収入の確保などを目指して活動していくことを決めた。

 ユニオンは、主力事業部の労働者八割が加盟して交渉した結果、社内に一部導入された有期雇用を撤回させたビルメンテナンス会社の支部などで構成し、連合傘下の全国ユニオン(全国コミュニティ・ユニオン連合会)に加盟した。

 五月二六日(土)一九時からは、湯浅誠反貧困ネットワーク事務局長を招いて、事務所のあるユニオン運動センター(東京都渋谷区代々木四・二九・四 西新宿ミノシマビル二階)で、設立記念シンポジウムを開催する。403・6276・1024(毎週金曜日一九時から二一時は集中相談日)。http://d.hatena.ne.jp/kumonoami/

(清水直子・ライター、プレカリアートユニオン書記長、5月11日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ