考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

2・11さようなら全国行動――原発再稼働に批判高まる

2012年3月6日1:52PM

2月11日、東京・代々木公園の集会で再稼働に抵抗しようと呼びかける大江健三郎さん。(撮影/伊田浩之)

 原子力安全・保安院は二月一三日、関西電力が提出した大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に必要な安全評価について「妥当」とする結果をまとめ、内閣府原子力安全委員会に報告したと発表した。こういった再稼働の動きに批判や反発が強まっている。

 一一日に東京・代々木公園であった「再稼働許すな!さようなら原発1000万人アクション全国一斉行動in東京」(主催者発表で一万二〇〇〇人参加)では呼びかけ人の一人、大江健三郎さん(作家)が「政治家も実業家も官僚もうやむやに原発の再開を認めようとしている。私たちは抵抗しなければいけない。これは倫理なんだと。日本人が原発を全廃するのは倫理であって、いかなる他の価値、経済的価値や政治的価値を超えて一番大事な倫理。それを守り抜こうではないか」と強調した。

 同アクションは八日、記者会見し、「各地の原発立地自治体の首長へあてた、原発を再稼働させないよう求める要請文」を発表。三月一一日には福島県郡山市で「原発いらない!3・11福島県民大集会」(呼びかけ人代表、清水修二・福島大学副学長)が開かれる。

(伊田浩之・編集部、2月17日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

沖縄は孤立していない

世界から沖縄への声、声、声。

乗松聡子編

発売日:2018/05/11

定価:1800円+税

書影

原発の来た町──原発はこうして建てられた/伊方原発の30年

斉間満

発売日:2018/03/21

定価:700円

上へ