考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

「被災地支援」は名目か?――中学校で自衛隊員が授業

2012年1月20日7:07PM

 現職自衛隊員が中学校の道徳の授業に招かれ、自衛隊の活動をアピールしていたことがわかった。

 東京都教育委員会は、二〇〇二年から全都の公立小中学校に年一回の「家庭・地域と連携した道徳授業地区公開講座」実施を義務付けた。この講座の一環として、東京・国立市立国立第一中学校は一一月五日、全学級ゲストティーチャー(GT)を招いた。一年生のあるクラスでは、自衛隊員二人が「東日本大震災・被災地支援の写真」を示し、「隊員の活躍はやさしさ・思いやりがないとできないこと」などと講義したという。

 一二月八日の国立市議会定例会で、上村和子議員は「参観した保護者数人が『やさしさ・思いやりという共通テーマと全く関係なかった』と言っている。また、学習指導案に明記された隊員とは別の隊員が来たのも問題」と追及。これについて是松昭一教育長は「組織の事情で変更された」と答弁。来校した隊員は東日本大震災の現場には行っておらず、「自衛隊なら誰でも」という人選だった。

 関係者に問うと、「GTのうち、福祉関係者らは町内会の人に依頼。だが自衛隊は、一年の教諭たちが東京地方協力本部・国分寺募集案内所に直接依頼し、固まった段階で久家義久校長が正式に依頼状を出した」と回答。ある教諭に「職員会議で反対意見は出ないのか」と問うと、「職員会議は議論する場でなくなりました」と答えた。

(永野厚男・教育ライター、12月23日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ