考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

首相と外相の名前すら覚えていない米国務次官補――情報操作するキャンベル氏の正体

2011年10月24日3:51PM

キャンベル米国務次官補は信用に足人物なのか。(提供/AP・AFLO)

 

日米首脳会談でオバマ大統領の発言を捏造した疑いがあるキャンベル米国務次官補(九月三〇日号本欄参照)は、日本の首相と外相の名前すら覚えていない。〈キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は日本訪問に出発する前、ワシントン郊外のダレス国際空港で「野田首相の年内訪米の招待状を持って行く」と発言。実際に招請するのは玄葉光一郎外相だったが、言い間違えてしまった。六日午後に成田空港に到着したキャンベル氏は、到着早々記者団に「私が間違えて話してしまった。ごめんなさい」と頭を下げた〉(一〇月七日付『毎日新聞』)

 キャンベル氏はどういった人物か。『同盟漂流』(船橋洋一著、岩波書店)などによると、一九五七年生まれ。カリフォルニア大学からオックスフォード大学に進んで国際関係論を専攻、南アフリカをテーマに博士号を取得した。財務長官の特別補佐官(国際問題担当)での仕事を認められ、あとはトントン拍子。国家安全保障会議をへて国防総省に移り、ジョセフ・ナイ国防次官補のもとで、九五年五月、三七歳の若さで国防次官補代理(アジア太平洋問題担当)に就任する。〈キャンベルのことを攻撃的すぎると警戒する向きもあった。/国務省にも、ホワイトハウスにも、軍部にも、肝心の国防総省にも、そうした警戒感はあった〉(前出書二一ページ)。現在の立場を日本風に表現すれば、外務省アジア大洋州局長にあたる。

 キャンベル氏はかつてこう語っている。〈同盟国である日本に対して米国はどのような問題であれ、あからさまに圧力をかけているような印象を与えてはならないということです。私はそういうことに非常に神経を使っています〉(『論座』二〇〇六年九月号)

 笑止千万ではないか。米国のオバマ大統領が野田佳彦首相に対し、普天間問題について述べたとされる「結果を出す時期に近づいている」との発言が、実際は存在しなかったことが明らかになったが、そのブリーフ(説明)をしたのがキャンベル氏だからだ。

 ある防衛省関係者は「二〇〇九年七月、『核の傘をめぐり、日米が定期協議を開始』との新聞記事に驚いた。調べるとキャンベル氏が情報源。議論すら出ていないのに、持論を合意事項のように話すから混乱する」と打ち明ける。

 元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう分析する。

「橋本龍太郎首相・クリントン大統領(当時)の合意は、沖縄の基地負担軽減だ。だから辺野古移設が無理でも、本来、米側には基地負担軽減の義務がある。だが、日本側が辺野古移設を主張している限り、基地負担が軽減できないのは日本側の努力不足が原因だという物語を米側は作ることができる。米側の責任を回避できるので、辺野古移設を言い続けるのだろう。

 沖縄の民意をみれば、辺野古移設が無理だとオバマ大統領はわかっている。だから不可能なこと、つまり“嘘”を言う日本の首相と一緒になにかを達成しようとする気にならないのは当然だ。オバマ大統領が最重要視しているのは、中国との関係とアフガニスタン戦争。普天間移設問題の優先度は低いため、キャンベル氏などタカ派に好きなようにやらせている」

 一方、民主党上層部の関係者はこう話す。「キャンベル氏は昨年二月、小沢一郎幹事長(当時)と会談。『中国は俺が野党の時も会いに来たが、米国は与党になってからか』と小沢さんに言われ、びびっていた。その場しのぎで汲々となるタイプ。たかが局長クラスなのに官邸が大切にしすぎた」

 一方、キャンベル氏のブリーフについて玄葉光一郎外相は九月三〇日の会見で「ブリーフの内容を読みましたけれども、そんなに大きく違っているように、私(大臣)にはあまり見えません」と答えた。が、翌日の『琉球新報』は社説で〈自国の国民の目から真実を遠ざけようとすることといい、日米の交渉当事者たちの言動は目に余ります〉と強烈に批判した。地方紙の論説と、地方政界・財界・人々の意識が大きくずれることは一般的にはない。日米は辺野古移設以外の基地負担軽減策を検討すべきだ。

(伊田浩之・編集部、10月14日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ