現在位置
ホーム(最新号紹介) > 編集委員のご紹介 > 佐高信(さたか まこと)

『週刊金曜日』編集委員のご紹介

佐高信(さたか まこと)

佐高信

日本にはさまざまなタブーがある。威勢がいいように見える週刊誌でも、たとえば、トヨタやパナソニック(旧松下電器産業)のことは書けない。政治についてのタブーより、スポンサーとなっている会社についてのタブーの方が大きいのである。しかし、『週刊金曜日』だけは、それらのタブーに真っ向から挑戦する。そこに小誌の重要な存在理由がある。

略歴
1945年山形県酒田市生まれ。高校教師、経済雑誌の編集者を経て評論家に。「社畜」という言葉で日本の企業社会の病理を露わにし、会社・経営者批評で一つの分野を築く。経済評論にとどまらず、憲法、教育など現代日本のについて辛口の評論活動を続ける。著書に『保守の知恵』(岸井成格さんとの共著、毎日新聞社)、『飲水思源 メディアの仕掛人、徳間康快』(金曜日)など。



編集長ブログ

編集長のコラムを公開しています。

きんようブログ

社員エッセイを掲載。あの記事の裏話も読めるかも!?

おしらせブログ

購読中の方や書店様向け情報からニュース続報も掲載。イベントの動画や音声も楽しめます。