現在位置
ホーム(最新号紹介) > 編集委員のご紹介 > 中島岳志(なかじまたけし)

『週刊金曜日』編集委員のご紹介

中島岳志(なかじま たけし)

中島岳志

いまの日本には、石橋湛山のような気骨のある保守政治家が必要です。若い世代からそのような政治家を輩出するためには、勇気と寛容の精神をもって、左右の「バカの壁」を崩していかなければなりません。保守リベラルの視点から『週刊金曜日』に新しい風を吹き込みたいと思います。

略歴
1975年大阪生まれ。北海道大学公共政策大学院准教授。大川周明の存在を通じて近代日本の政治思想に興味を持ち、20歳の頃からR・B・ボースの生涯を追いかけ、1999年はじめてインドへ。ヒンドゥー・ナショナリストとの共同生活を通じて宗教とナショナリズムの問題を追求する。著書に『中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義』(白水社)、『パール判事 東京裁判批判と絶対平和主義』(白水社)など。



編集長ブログ

編集長のコラムを公開しています。

きんようブログ

社員エッセイを掲載。あの記事の裏話も読めるかも!?

おしらせブログ

購読中の方や書店様向け情報からニュース続報も掲載。イベントの動画や音声も楽しめます。