現在位置
ホーム(最新号紹介) > バックナンバー > 特集記事(一覧) > 特集記事(詳細)

特集記事

2009年3月6日 741号 特集記事

ベーシック・インカム 貧困脱出の切り札

■総論
 ベーシック・インカムというはじまり
 あるいは「銭ゲバ」=新自由主義からの決別
 白石 嘉治


「ベーシック・インカム」を知っていますか?
労働と関係なく、すべての人に、無条件で保障する所得である。
夢物語? そうだろうか。働きたくても職がない。
職があっても、選択肢がないから、低賃金・重労働を余儀なくされる。
いま必要とされているのは、そんな社会を根底から見直すための
全く新しい考え方ではないだろうか。


■経済
 財政的視点からみたベーシック・インカム
 ―― 一つの試算
 小沢 修司


ベーシック・インカムを語るとき、
つねに問題になるのは、財源をどうするかであり、
現状の社会保障制度との関係である。
本論考はあくまでも一つの、
だが、前向きに検討するためのたたき台である。


■Q&A
 ベーシック・インカムをめぐる疑問に答える
 堅田 香緒里


ベーシック・インカムについては、
誤解も含め、さまざまな質問が出される。
ここではその中の代表的なものだけをあげた。


■政治
 各党に問う
「ベーシック・インカム」に関する緊急アンケート


具体的な政策として、「ベーシック・インカム」に
取り組む動きはどれくらいあるのか?
『週刊金曜日』では、以下の各党本部宛に、
「ベーシック・インカム」についての
緊急アンケートを実施しました。


◆一〇〇年に一度の発想転換を
 北村 肇

つづきは本誌で

一覧に戻る



編集長ブログ

編集長のコラムを公開しています。

きんようブログ

社員エッセイを掲載。あの記事の裏話も読めるかも!?

おしらせブログ

購読中の方や書店様向け情報からニュース続報も掲載。イベントの動画や音声も楽しめます。

新刊のご案内

絶望という抵抗

著者:辺見庸・佐高信

絶望という抵抗

「人間はここまでおとしめられ、見棄てられ、軽蔑すべき存在でなければならないのか」――辺見庸 侵略という歴史の無化。...


ピケティ入門
『21世紀の資本』の読み方

著者:竹信三恵子

ピケティ入門

格差社会ニッポンへの警鐘!! 世界を震撼させたベストセラーから何を学ぶべきか 「現代のマルクス」ともいわれるトマ...


『週刊金曜日』臨時増刊号 特別編集「従軍慰安婦」問題(2014年10月29日号)

サイズ:AB版 84ページ

『週刊金曜日』臨時増刊号 特別編集「従軍慰安婦」問題(2014年10月29日号)

「慰安婦」問題で日本が問われていること 『朝日新聞』の検証記事以降、「従軍慰安婦」問題がさまざまな論議を呼んでいま...


ウォルマートはなぜ、世界最強企業になれたのか
グローバル企業の前衛

著者:ネルソン・リクテンスタイン

ウォルマートはなぜ、世界最強企業になれたのか

米国の片隅で生まれたちっぽけな小売店が、わずか50年で世界最強企業にのし あがった。米国小売業界を支配し、日本では西友...