現在位置
ホーム(最新号紹介) > バックナンバー > 特集記事(一覧) > 特集記事(詳細)

特集記事

2011年4月15日 843号 特集記事

電力会社に群がった原発文化人25人への論告求刑

各電力会社や関連団体は、原発の「安全性」やイメージ向上を図るため、多くの著名人をPRに用いてきた。原発推進の一翼を担ってきた彼ら彼女らを佐高信が斬る。
佐高 信

■電力会社が利用した文化人 ブラックリスト


■東京電力・電事連がもたらす「大本営発表」
 TBSラジオを降ろされた真相
 上杉 隆


新聞やテレビが垂れ流す「安全」報道に違和感が広がっている。
批判を続ける雑誌がある一方、『週刊新潮』『週刊ポスト』等の週刊誌も「安全」に大きく舵をきった。
「大本営発表」はいかに進路を誤らせるか。教訓を思い出す必要がある。


■不安の中で始まった新生活
「友だちみんなと離れているのが一番つらい」
 写真・文 渡部 真


地震、津波、原発事故は、これまでの子どもたちの生活を一変させた。
再開時期がいまだ決まらない学校もあるが、不安の中でそれぞれの新生活が始まった。

つづきは本誌で

一覧に戻る



編集長ブログ

編集長のコラムを公開しています。

きんようブログ

社員エッセイを掲載。あの記事の裏話も読めるかも!?

おしらせブログ

購読中の方や書店様向け情報からニュース続報も掲載。イベントの動画や音声も楽しめます。

新刊のご案内

お金のギモン! 何で私に聞くんですか?

著者:斉藤賢爾

お金のギモン! 何で私に聞くんですか?

著者の斉藤賢爾さんはビットコインに代表されるデジタル通貨の専門家。 ですが、本書はビットコインの解説本ではありません。...


貧困なる精神26集
「戦争」か侵略か

著者:本多勝一

貧困なる精神26集

朝日新聞入社以来約六〇年、ジャーナリズムの第一線で書き続ける本多勝一。これまで数多くのルポを記してきたが、ジャーナリスト...


反知性主義とファシズム

著者:佐藤優・斎藤環

反知性主義とファシズム

知の怪物と気鋭の精神科医がカルチャー(AKB、村上春樹、宮崎駿)から 反知性主義がはびこる日本社会を読み解く。振り幅の...


ワイセツって何ですか?
「自称芸術家」と呼ばれた私

著者:ろくでなし子

ワイセツって何ですか?

どうしてまんこで2度も逮捕されなくちゃいけないの!? 大反響の本誌連載に大幅加筆。刑事、検察とのやり取りや留置場の...